カレー屋『Matacurry(マタカリー)』ふらっと海老名!グルメ編【地域情報コラボ】

【地域情報コラボ】ふらっと海老名!グルメ編・カレー屋『Matacurry(マタカリー)』

「もっと海老名を盛り上げたい」と3つの地域情報メディア、地域新聞「タウンニュース海老名版」とコミュニティFM局「FMカオン」、そして当サイト「エビジョイ」がコラボをスタートしました。

記者・レポーターが海老名の気になるスポットを”ふらっと”一緒に訪れ取材。紙面とラジオ、ウェブそれぞれ違った持ち味で海老名の魅力をお届けします。

タウンニュース/FMカオン/エビジョイ

3つのメディアが連携する事で、みなさんの地域情報に触れる機会が増え、わが街への関心がより高まると嬉しい、記者・リポーター自身が楽しむことで、より愛着を持って地域情報を届けたい、という思いで始めることになりました。

タウンニュースは1/25(金)発行号(新聞折込・市内各所配架)、FMカオンは1/28(月)10:00~12:00「県央ラジオ842」の番組の中(11:10頃)で放送されますので、そちらもぜひチェックしてみてください。
※ページの最後にタウンニュース入手方法とFMカオン聴取方法を記載

ぜひ、海老名の3つのメディアに触れて、海老名をもっと楽しんでください!

相模三川公園すぐ、カレー屋さん『Matacurry(マタカリー)』

相模三川公園すぐ、カレー屋さん『Matacurry(マタカリー)』
相模川沿いの県立相模三川公園近く、2018年8月にオープンしたばかりのカレー屋さん「Matacurry(マタカリー)」へ、記者とレポーターがふらっと。カレーライスを中心にサンドウィッチ、フレンチトーストなどが楽しめるご夫婦で営むお店です。

メインメニューのカレーライス「マタカリー(750円)」は、お肉をポークとチキンのいずれか、甘口から激辛までの辛さ、ゆでたまごや野菜など無料トッピングを2種選べます。さらに、とんかつやチーズなど追加のトッピングもできて自分好みのカレーに。

カレーライス「マタカリー」

“体が喜ぶカレーを食べて元気になって欲しい”と作った特製ルウは、地元の野菜や果物などがたっぷり溶け込んでいてマイルドな口触りながらも、スパイスはしっくかりと効いたクセになる味です。辛いのが苦手な方は、甘口からお試しいただくのがオススメ。

もう一つの看板メニュー奥さまお手製「フレンチトースト(500円)」。パンも手作りというこだわりのフレンチトーストは、ふんわりとろけて口の中に美味しさが広がる逸品で、フレンチトースト目当てに来るお客さんがいるほど。

奥さまお手製「フレンチトースト」

その他、バターチキンのポットパイやサンドウィッチ、日替わりスイーツ、家族連れに嬉しいお子さまカレーなど。ドリンクは、コーヒーや紅茶、ジュースに、ビールなどのアルコールも。

「またカレー?」また訪れたくなるカレー屋さん

店名は、もともとカレーが大好きなマスターの小島英嗣さんに、奥さま・えり子さんが「今日のごはん何にする?」と聞くたび『カレー』と答えるので、「またカレー?!」と繰り返すうちに「またカレーさん」と呼んだことに由来しています。

マスターの小島英嗣さん

お店を開く前、マスターは厳しい役者の世界に10年身を置きましたが、その後はサラ―リマンとして勤めます。様々な経験や色々な方との出会いから「自分に向いている仕事は何だろう」と見つめ直す中、地元でお店を開きたいという気持ちが強くなり開業を決意します。

大好きなカレーを研究し「”また”食べたくなるカレー」を作りたい、自慢の奥さまの美味しい料理をみなさんにも味わって欲しい、とお店をオープンしました。店名には「”また”お客さまが来てくれるように」と言う願いも込められています。

お客さんは、学生からご近所の年配の方まで幅広い世代。マスターや奥さまとの会話を楽しんだり、初対面のお客さん同士の話が弾んだりと、アットホームでご夫婦の人柄が感じられるお店には高校生の常連さんがいるほど、”また”訪れるお客さんがいっぱい。

「子ども食堂」子どもたちの体と笑顔のために

Matacurry(マタカリー)では、安価で栄養のある食事や、あたたかな団らんを提供するための社会活動「子ども食堂」にも取り組んでいます。第1・3日曜日の16:00~18:00、子ども100円/保護者200円で食事を提供。

「子ども食堂」子どもたちの体と笑顔のために

数年前にニュースで取り組みを知り、「地域には必要だよね」「誰かがやった方が良いよね」「いつかはやりたい」と、十数年消防団員を務めるマスターは消防団同様に地域には必要なものと強い想いを抱き、お店をオープンしたばかりの2ヶ月後には「子ども食堂」をスタートしました。

地元の方からの食材提供やお客さんからの募金、希望してくれる学生さんのお手伝いなど協力を得ながら、子どもたちの体と笑顔のためにと運営を続けています。

子ども食堂を続けたい。ここにあり続けたい。

マスターに今後の展望を伺うと「子ども食堂を続けたい。ここにあり続けたい。」という思いを話され、そのためにもカレー屋さんを頑張り、地域に根付く個人のお店として「お客さまの声にお答えしていきたい。」とのこと。

子ども食堂を続けたい。ここにあり続けたい。

最後に「奥さんの日替わりデザートも、ぜひ楽しみにお越しください!」と、奥さまへのお気持ちあふれるコメントで取材はお開きとなりました。

相模三川公園で遊んだ後など、みなさんも良かったら”ふらっと”「Matacurry(マタカリー)」へ!

また、記事・番組の感想やお店に行った感想などは、ハッシュタグ「#ふらっと海老名」を付けて、FacebookやTwitter、Instagramに投稿してみてください。

カレー屋「Matacurry(マタカリー)」

カレー屋「Matacurry(マタカリー)」

開店日 2018年8月2日(木)
営業時間 11:00-15:00(L.O.14:30)
・第2・4土曜日は17:00-20:00(L.O.19:30)の夜営業も。
定休日 月曜日・火曜日
10席
住所 海老名市上郷1-23-51
アクセス JR海老名駅より徒歩13分/小田急線・相鉄線 海老名駅より徒歩15分
(県立相模三川公園近く、鳩川(はとがわ)を跨ぐ馬船橋(まぶねばし)のT字路にあります)

駐車場 4台
(鳩川を挟んだ向かい側の駐車場/えび~にゃの看板が目印)

ホームページ
Twitter(マスター担当)
Instagram(奥さま担当)

※記事中の料金は税込価格(2019年1月現在)

タウンニュース入手方法/FMカオン聴取方法

タウンニュース

読売新聞、朝日新聞、毎日新聞の1月25日(金)の朝刊折込、または、えびな市民活動センター・ビナレッジ、海老名市文化会館などの公共施設ほか、イオン海老名店、マルイファミリー海老名などに配架。
タウンニュース海老名版配架リスト
ホームページ

FMカオン

・FMラジオお持ちの方は

周波数「84.2MHz」に合わせてお聴き下さい。
※聴取可能地域:海老名、厚木、座間、綾瀬、寒川、茅ヶ崎、平塚

・スマートフォンで聴くには

ラジオアプリ「TuneIn Radio」インストールして『カオン』で検索!


Google Play で手に入れよう

ホームページ


SNSで海老名の情報をGET!

FacebookやTwitter、LINEで海老名市に関する最新情報やお得情報をお届け!

Facebookページに
LINE@を
友だち追加数
Instagramを
Instagram

あわせて読みたい

※さまざまな情報を元に、出来るだけ正確な情報をお届けできるよう心がけていますが、間違い等ありましたらご連絡ください。