もっと海老名をたのしみ、もっとたのしい海老名に。
トピックス

「相鉄・JR直通線」いよいよ開業!海老名から新宿、さらには大宮・川越まで

相鉄海老名駅から都心へ「相鉄・JR直通線」いよいよ11月30日(土)開業

いよいよ11月30日(土)に、相模鉄道(相鉄)と東日本旅客鉄道(JR東日本)が相互直通運転を行う「相鉄・JR直通線」が開業。

相鉄・JR直通線は、相鉄海老名駅とJR新宿駅間の相互直通運転。海老名駅を出発し、西谷駅から分岐する新路線(約2.7km)を通り、新駅・羽沢横浜国大駅へ。そこからJRに接続して東海道貨物線、横須賀線、埼京線を経てJR新宿駅へ向かいます。新駅・羽沢横浜国大駅から先、JR停車駅は、武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷、新宿。

運転本数は1日46往復(92本)で、1時間当たり朝ラッシュ時に4本程度、その他の時間帯が2~3本程度です。朝の時間帯の6往復(12本)は、海老名から大宮や川越まで、武蔵浦和から海老名までといった長距離直通列車も。

直通線を利用すると、相鉄二俣川駅からJR新宿駅までの所要時間は最短44分で、横浜駅を経由するよりも10分ほど短くなるなど、都心へのアクセスが便利になることが期待されています。

相鉄・JR直通線の開業に伴い、同日から土休日ダイヤを、12月2日(月)には平日ダイヤが改正されるので注意が必要です!
11.30ダイヤ改正|都心とつながる(都心直通プロジェクト)|相鉄グループ

(写真は直通車両「12000系」ニュースリリースより)

ところで海老名は便利になったの?!

海老名駅からは新宿駅までは小田急線を使った方が早く安いので、直通線のメリットは・・・。今回の開通で便利になった点は

海老名~武蔵小杉が最短36分

横浜経由に比べて、乗り換えなく15分程度早い
(IC運賃:直通621円・横浜経由534円)

かしわ台・さがみ野~恵比寿が最短55分

横浜経由に比べて、20分程度早い
(IC運賃:直通765円・横浜経由679円)

といったところ?!(教えて詳しい人m(_ _)m)

相鉄・東急直通線に期待?!

2022年度下期開業予定の「相鉄・東急直通線」は、新駅・羽沢横浜国大駅から東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線(約10.0km)を新設し、新横浜駅まで路線が延びます。新幹線へのアクセス向上が期待されます。

さらに新横浜駅から東急の日吉駅まで路線が延び、東急東横線(渋谷方面)や東急目黒線(目黒方面)への直通も実現する予定で、都心へのアクセスが便利になりそうです。
相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線


SNSで海老名の最新情報をGET!

FacebookやTwitter、LINEで海老名市に関する最新情報やお得情報をお届け!

Facebookページに
LINE@を
友だち追加数
Instagramを
Instagram

おすすめ記事