2021年春、海老名駅に小田急の鉄道博物館 「ロマンスカーミュージアム」開業!


2021年春、小田急電鉄が小田急線「海老名駅」の隣接地に小田急の魅力が詰まった鉄道ミュージアム 「ロマンスカーミュージアム」を開業。

ロマンスカーミュジア 展示

ロマンスカーミュージアムのコセプトは「子どもも大人も楽しめる鉄道ミュージアム」。初代特急ロマンスカー・SE(3000形)やNSE(3100形)をはじめ、小田急の歴史を彩る車両の展示や、沿線風景を模したジオラマ、電車運転シミュレーターなど、多彩なコンテンツを予定。

ロマンスカーミュージアム 外観

ロマンスカーミュージアム キッズゾーン

子どもが遊べるキッズゾーンやカフェ、目の前を走る小田急線の列車の眺望を楽しむ屋外ビュースポットなど、子どもから大人まで幅広い世代が楽しめる施設となる。
ロマンスカーミュージアム 入口・ビュースポット

開業予定地は、鉄道重要拠点である海老名電車基と、新たにエリア開発が進む「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」に隣接するエリア。

ロマンスカーミュージアム 開業予定地
(小田急線海老名駅西口をすぐ左手(西側)。自由通路に直結)

ロマンスカーミュージアム アクセスマップ

開業以来初となる鉄道ミュージアム(鉄道博物館)の建設により、小田急線の歴史を後世に伝えていくとともに、新しく誕生する街のシンボルとして賑わいを創出する。

「ロマンスカーミュージアム」の計画概要

ロマンスカーミュジア 車両展示
名称:ロマンスカーミュージアム
開業地:神奈川県海老名市めぐみ町
(小田急小田原線 海老名駅隣接地)
開業:2021年春(予定)

主なコンテンツ(フロアガイド)

1階

・歴代の特急ロマンスカーの展示、開業時の車両と小田急の歴史展示
特急ロマンスカー・SE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)、HiSE(10000形)、RSE(20000形)、モハ1
・イベントスペース
・レストスペース

2階

・ジオラマ
・電車運転シミュレーター
・キッズゾーン
・カフェ、グッズショップ

屋上

・ビュースポット
※ 2018年4月27日時点の予定であり、コンテツ等は今後変更となる場合がます 2018年4月27日時点の予定であり、コンテツ等は今後変更となる場合がます

施設概要

(1)敷地面積 約4,000平方メートル (約1,210坪)
(2)延床面積 約4,400平方メートル (約1,330坪)
(3)構造規模 鉄骨造 地上2階建

小田急電鉄ニュースリリース


SNSで海老名の情報をGET!

FacebookやTwitter、LINEで海老名市に関する最新情報やお得情報をお届け!

Facebookページに
LINE@を
友だち追加数
Instagramを
Instagram

あわせて読みたい

※さまざまな情報を元に、出来るだけ正確な情報をお届けできるよう心がけていますが、間違い等ありましたらご連絡ください。